頭皮の血行不良を改善して白髪を予防しよう

頭皮の血行不良を改善すれば、白髪を予防することができます。

 

白髪の原因の1つは、頭皮の血行不良だからです。

 

白髪は、髪色をつくる色素のメラニンが不足することで起こります。

 

メラニンを合成しているのはメラノサイトという細胞で、頭皮から栄養を受け取ることができないと正常に働いてくれません。

 

重要なカギを握るのは、頭皮の血行で、血行が悪くなると十分な栄養を摂取しても、メラノサイトにまで栄養が供給されなくなります。

 

頭皮の血行不良は、メラニンを作るための酵素やチロシナーゼの働きを鈍くさせるのです。

 

白髪を予防するには、頭皮の血行不良を改善して、血流をよくする必要があります。

 

効果的なのは、頭皮マッサージで、頭皮の血行を改善するのに簡単なのでおすすめできます。

 

マッサージそのものは簡単なので、仕事の休憩中でもすることができます。

 

頭皮の血行を良くすると、白髪だけでなく、フケや抜け毛などの症状の改善も期待できます。

 

今人気のスカルプマッサージは、頭部に全体的に効くマッサージで、頭皮の血行不良を改善することができます。

 

頭皮マッサージは、頭皮に直接的な刺激を与えることができるので、血行不良を改善できる効果は抜群です。

 

頭皮の紫外線対策を忘れずに

頭皮にとって、紫外線対策はとても大事です。

 

紫外線と言うと、肌や美容の敵ということはよく知られています。

 

しかし紫外線は、肌に悪影響を及ぼすだけでなく、肌の一部なので頭皮にも悪影響を与えます。

 

紫外線対策をしっかりしないと、抜け毛や薄毛を招くことになります。

 

肌だけでなく、髪の毛や頭皮にも、紫外線対策はしっかり行う必要があります。

 

紫外線は、髪の毛だけでなく頭皮にも悪影響を及ぼすので、その辺のところはしっかり理解しておく必要があります。

 

髪の毛が紫外線を浴びすぎると、枝毛や切れ毛につながり、傷んで細くなった髪の毛はやがて抜け落ちることになります。

 

そして紫外線により頭皮が日焼けすると、炎症を起こします。

 

頭皮が炎症を起こすと毛周期が乱れるので、薄毛の進行につながります。

 

頭皮の紫外線対策としては、UV対策用のヘアケア製品の使用が必須です。

 

シャンプーやコンディショナーをヘアケア対策用のものに変えるだけでも、頭皮全体の紫外線対策に役立ちます。

 

帽子をかぶるのもおすすめで、UV対策になります。

 

UVカットの加工が施された帽子を使用するとよく、手持ちの帽子にUVカットスプレーを使用するのも効果的です。

関連ページ

繰り返し使う白髪染めは、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぼう
白髪染めを使用する時は、できるだけ、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶことが大事です。白髪染め自体、髪や頭皮にダメージがあるからです。白髪染めを選ぶ場合、色持ち、値段、簡単さなどが1つのポイントになります
白髪染めの周期ってどのくらい?
白髪染めの周期は、どれくらいがいいのでしょう。白髪はキレイに染めることができても、髪が伸びればまた生え際から白髪が見えてきます。そのため、白髪染めは、定期的な間隔で染めなおさないといけません。そこで気
髪質と白髪染めの染め上がりの関係
髪質と白髪染めには、染め上がりの関係があります。実際のところ、白髪染めの仕上がりは髪質に左右されるので、注意しないといけません。白髪染めの仕上がりのよさは、髪質に左右される傾向にあり、細くて柔らかい髪
白髪染めを長持ちさせる方法は?
白髪染めを長持ちさせるには、シャンプーと洗い方を変えると良いです。白髪染めが色落ちしやすいのは、シャンプーが以外と関係しています。市販のシャンプーの洗浄成分は、高級アルコール系洗浄成分が多く、洗浄力が