白髪染めを長持ちさせる方法は?

白髪染めを長持ちさせるには、シャンプーと洗い方を変えると良いです。

 

白髪染めが色落ちしやすいのは、シャンプーが以外と関係しています。

 

市販のシャンプーの洗浄成分は、高級アルコール系洗浄成分が多く、洗浄力が非常に高くなっています。

 

そのため、色落ちの進行度合いも高くなります。

 

また、手に取ったシャンプーを髪に直接つけると、色落ちが進むので注意しないといけません。

 

色落ちさせないようシャンプーするには、アミノ酸系洗浄成分のシャンプーを使用すると良いです。

 

白髪染めを長持ちさせるには、洗浄力の高いシャンプーは避け、ノンシリコンと呼ばれているアミノ酸系洗浄成分のシャンプーがおすすめです。

 

髪や頭皮の弱りは加速していくので、できるだけやさしいシャンプーを使うことです。

 

その方が髪にも頭皮にも良いです。

 

シャンプーを使う時は、洗うのは頭皮をメインにすることが大事で、髪はついでに洗うくらいの感覚で十分です。

 

ノンシリコンシャンプーでは、古い皮脂の臭いや加齢臭が気になる場合は、頭皮ローションを使用すると良いでしょう。

 

殺菌力が高くて保湿もしてくれるので、頭皮を清潔に保つことができます。

 

白髪隠しと併用しよう

白髪が染まりにくい時は、白髪隠しと併用すると良いです。

 

白髪がなかなか染まらないと言う人はよくいます。

 

白髪は、メラニン色素の量が少ないと、染まりにくくなります。

 

白髪が染まらないと悩んでいる人は、髪と頭皮に優しいものを使っていることが多いので、そんな時は、白髪染めと白髪隠しを併用すると染まりやすくなります。

 

白髪が染まりにくい人は、天然成分で徐々に染まるタイプの白髪染めを利用している傾向にあるので、補助として、白髪隠しを用意しておくとよいです。

 

ピンチヒッターとして役に立ちます。

 

白髪が染まりにくい人は、生え際や根元が目立つものです。

 

白髪隠しには、パウダータイプや、ファンデーションタイプがあるので、素早くさっと隠すことができます。

 

白髪染めが染まらない場合、白髪染めに原因がある場合もありますが、使い方に原因があることの方が多いです。

 

手軽に使えてしっかり白髪をカバーできるリタッチタイプの白髪隠しはおすすめで、白髪が気になる部分に、均等に塗って乾かすだけです。

 

髪が濡れていると色がつきにくいので、乾いた髪に使用することです。

関連ページ

繰り返し使う白髪染めは、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぼう
白髪染めを使用する時は、できるだけ、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶことが大事です。白髪染め自体、髪や頭皮にダメージがあるからです。白髪染めを選ぶ場合、色持ち、値段、簡単さなどが1つのポイントになります
白髪染めの周期ってどのくらい?
白髪染めの周期は、どれくらいがいいのでしょう。白髪はキレイに染めることができても、髪が伸びればまた生え際から白髪が見えてきます。そのため、白髪染めは、定期的な間隔で染めなおさないといけません。そこで気
髪質と白髪染めの染め上がりの関係
髪質と白髪染めには、染め上がりの関係があります。実際のところ、白髪染めの仕上がりは髪質に左右されるので、注意しないといけません。白髪染めの仕上がりのよさは、髪質に左右される傾向にあり、細くて柔らかい髪
頭皮の血行不良を改善して白髪を予防しよう
頭皮の血行不良を改善すれば、白髪を予防することができます。白髪の原因の1つは、頭皮の血行不良だからです。白髪は、髪色をつくる色素のメラニンが不足することで起こります。メラニンを合成しているのはメラノサ