髪質と白髪染めの染め上がりの関係

髪質と白髪染めには、染め上がりの関係があります。

 

実際のところ、白髪染めの仕上がりは髪質に左右されるので、注意しないといけません。

 

白髪染めの仕上がりのよさは、髪質に左右される傾向にあり、細くて柔らかい髪の毛や、色素が薄い髪の毛などは、染まりやすい髪質と言えます。

 

また、あまりダメージを受けていない髪の毛や、パーマのかかりやすい髪の毛の人は、比較的染まりやすいです。

 

逆に、太くて硬い髪の毛や、色が濃くて黒に近い色の髪の毛の人、キューティクルがしっかり閉じた髪の毛の人などは、染めにくい髪質と言えます。

 

パーマのかかりにくい髪の毛の人も、白髪染めが染まりにくい傾向にあります。

 

白髪染は、キューティクルを剥がして髪の内部に染料を浸透させていくので、健康的な髪の毛の人ほど染まりにくいです。

 

白髪を染めようと思った場合、キューティクルが剥がれやすい状態の人の方が良いということになります。

 

ヘアカラータイプの白髪染めは、使っているうちにキューティクルが開きやすくなるので、次第に色が入りやすくなってきます。

 

染まりにくい髪質の人は、放置時間をやや長めにしたり、室温を高めにしておくと良いです。

 

白髪染めの色もち

白髪染めの色もちは気になるものです。

 

白髪染めの色もちが気になるなら、普段使っているシャンプーを見直すことです。

 

シャンプーは、仕上がりの目的別にたくさんの種類があるので、白髪染め後の髪色をキープする色落ちしにくいシャンプーを選ぶとよいです。

 

市販されているシャンプーは、高級アルコール系シャンプーが多く、白髪染めをする髪にとっては色落ちしやすいシャンプーになります。

 

染めてもすぐに色落ちさせてはもったいないので、白髪染めが落ちにくく、染めあがりのキレイな髪色を長持ちさせてくれるシャンプーを使用することです。

 

市販の白髪染めは、種類も多いのですが、基本的に色もちは悪く、あまり染まらなかったり、色落ちが早い傾向にあります。

 

おすすめは、美容院で、しっかり染まる上に色もちも長くなります。

 

美容院の白髪染めが市販のものと違うのは、美容院の場合、薬剤の強さや、色合いを状態に合わせて調節するからです。

 

そして、ダメージケアもするので、髪にかかる負担を最小限に抑えてくれます。

 

白髪染めの色もちを考えるなら、美容院での白髪染めがおすすめです。

 

高価ではありますが、その人に合った白髪染めをしてくれるので、髪にもいいです。

関連ページ

繰り返し使う白髪染めは、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぼう
白髪染めを使用する時は、できるだけ、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶことが大事です。白髪染め自体、髪や頭皮にダメージがあるからです。白髪染めを選ぶ場合、色持ち、値段、簡単さなどが1つのポイントになります
白髪染めの周期ってどのくらい?
白髪染めの周期は、どれくらいがいいのでしょう。白髪はキレイに染めることができても、髪が伸びればまた生え際から白髪が見えてきます。そのため、白髪染めは、定期的な間隔で染めなおさないといけません。そこで気
白髪染めを長持ちさせる方法は?
白髪染めを長持ちさせるには、シャンプーと洗い方を変えると良いです。白髪染めが色落ちしやすいのは、シャンプーが以外と関係しています。市販のシャンプーの洗浄成分は、高級アルコール系洗浄成分が多く、洗浄力が
頭皮の血行不良を改善して白髪を予防しよう
頭皮の血行不良を改善すれば、白髪を予防することができます。白髪の原因の1つは、頭皮の血行不良だからです。白髪は、髪色をつくる色素のメラニンが不足することで起こります。メラニンを合成しているのはメラノサ