白髪染めの周期ってどのくらい?

白髪染めの周期は、どれくらいがいいのでしょう。

 

白髪はキレイに染めることができても、髪が伸びればまた生え際から白髪が見えてきます。

 

そのため、白髪染めは、定期的な間隔で染めなおさないといけません。

 

そこで気になるのが、どのくらいの周期で染めていけばよいのかです。

 

白髪染めは髪が傷むので、あまり頻繁に染めるのは問題です。

 

髪を傷めずに染めるには、大体2ヶ月に1回ぐらいの周期ですると良いです。

 

その上で、少しずつ目立ってくる生え際の白髪に対しては、部分染めや白髪隠しで対処していくと良いです。

 

白髪染めについては、再び染める場合、少なくとも1週間以上は間隔を置いて染める必要があります。

 

2週間に1度なら特に問題ないのですが、実際にはかなりのダメージがあるのでおすすめできません。

 

2週間に1度の周期で白髪染めを繰り返していると、次第に、髪が細くなり、地肌が荒れるようになります。

 

それだけ、ダメージを受けている証拠です。

 

髪を染めるには、1ヶ月に1度程度で十分です。

 

そして頭皮が荒れやすいなら、2ヶ月に1度の周期で白髪染めをすると良いです。

 

白髪染めを染めなおすタイミングって?

白髪染めには、染めなおすタイミングというものがあります。

 

白髪染めは、一度染めたら終わりではないからです。

 

白髪染めを使うと、綺麗に染まった髪の毛になりのますが、ずっとそのままの状態がキープできるわけではないので、染めなおすタイミングと言うのが大事になってきます。

 

白髪染めで髪の毛を染めても、シャンプーする都度、少しずつ色落ちしてきます。

 

白髪染めは、一度染めればそれで終わりではなく、時間が経つと色素が抜け、段々とまた白髪が目立つようになります。

 

髪の毛は毎日少しずつ伸びるので、染まっていない部分が日に日にできてしまうことにもなります。

 

白髪染めを染めなおす場合、髪が傷む全体染めよりもリタッチがおすすめです。

 

伸びた部分には、白髪染めのリタッチがよく、簡単に補修することができます。

 

白髪染めの色持ちはせいぜい2、3か月くらいなので、染めなおすタイミングとしては、そのくらい経った時、全体を染め直しすると良いです。

 

しかし、全体を染めなおしすると、刺激で髪の毛が傷みます。

 

根元のみを染めるリタッチを使えば、髪の傷みを抑えながらも綺麗な状態を保てます。

関連ページ

繰り返し使う白髪染めは、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぼう
白髪染めを使用する時は、できるだけ、髪や頭皮に優しい白髪染めを選ぶことが大事です。白髪染め自体、髪や頭皮にダメージがあるからです。白髪染めを選ぶ場合、色持ち、値段、簡単さなどが1つのポイントになります
髪質と白髪染めの染め上がりの関係
髪質と白髪染めには、染め上がりの関係があります。実際のところ、白髪染めの仕上がりは髪質に左右されるので、注意しないといけません。白髪染めの仕上がりのよさは、髪質に左右される傾向にあり、細くて柔らかい髪
白髪染めを長持ちさせる方法は?
白髪染めを長持ちさせるには、シャンプーと洗い方を変えると良いです。白髪染めが色落ちしやすいのは、シャンプーが以外と関係しています。市販のシャンプーの洗浄成分は、高級アルコール系洗浄成分が多く、洗浄力が
頭皮の血行不良を改善して白髪を予防しよう
頭皮の血行不良を改善すれば、白髪を予防することができます。白髪の原因の1つは、頭皮の血行不良だからです。白髪は、髪色をつくる色素のメラニンが不足することで起こります。メラニンを合成しているのはメラノサ