市販の白髪染めはなぜ髪が傷むのか

市販の白髪染めはへアカラーを使用している人が多いようです。

 

効果が長持ちをするので昔から支持をしている人が多いのです。

 

ヘアカラーは基本的に1剤と2剤に分かれています。

 

この組み合わせで白髪を染めていくことになるのですが、ヘアカラーでの白髪染めは髪の毛を痛めることが多いと言います。

 

その理由は1剤と2剤に分かれている白髪染めは髪の毛のキューティクルを開く役目と白髪を染める役割を担っているからなのです。

 

キューティクルを開くということは当然髪の毛を痛めることにも繋がります。

 

白髪を染める染料にも刺激が強い成分が多く含まれています。

 

仮にこれらの成分が頭皮に付着してしまうと悪影響を及ぼすことになります。

 

毛髪にとっても刺激を受け水分を失うことになる可能性があり髪の毛をガサガサにしてしまい痛めてしまうことになるのです。

 

こうしたことから市販の白髪染めを選ぶときは効果が大きいことだけを選択基準として選ぶのではなく頭皮や頭髪に優しい成分が配合されている白髪染めを購入するように心がけなくてはいけないのです。

 

バランスとが取れた白髪染めを使用するように心がけましょう。

 

素手で染めることができる白髪染めとはどんなもの

白髪染めでもヘアカラーと言われる市販の白髪染めはビニールの手袋が付いているのが一般的です。

 

これは手や爪が閉まるのを防ぐためと手が荒れるのを防ぐためのものです。

 

それほどに強い薬剤が使用されているということが言えるわけです。

 

素手で白髪を染めようと思うのであればトリートメントタイプの白髪染めかヘアマニュキアの白髪染めがオススメとなります。

 

どちらも強力な薬剤は使用されていないので素手で使用しても安心して使用ができるのです。

 

トリートメントタイプの白髪染めとヘアマニュキアの白髪染めとの使い分けは白髪の量で判断をすると良いと言います。

 

トリートメントタイプの白髪染めは基本的にやさしく作られています。

 

そのため、少量の白髪を染めるには向いているのですが白髪の量が多いと効果は期待うすとなる可能性があるのです。

 

白髪の量が多い人はヘアマニュキアの使用がオススメだということが出来ます。

 

染具合からいくと白髪の量が多い人でもきっちりと染まるので非常に有効だと言えるのです。

 

ただし、トリートメントタイプの白髪染めにしてもヘアマニュキアにしても効果はへカラーよりは劣ります。

関連ページ

リンスで白髪を染めることができる仕組み
白髪染めにはいくつかの種類がありますが、白髪染めの種類によっては染めの効果が強いものもあれば、穏やかな効果しかないのだけれども地肌や髪の毛の優しいものまで様々です。カラーリンスという洗髪時にリンスをす
白髪染め初心者におすすめのリンスで白髪染め
白髪染めは気になる白髪を染めることが出来るので非常に重宝します。しかし、白髪染めの方法によっては非常に手間もかかり時間もかかるというのも事実です。特にヘアカラーを使用して白髪染めをしようと思うとしっか
リンス感覚で使える白髪染めは思い立ったらすぐに染めれる
白髪染めを使用している人は多いものです。女性だけでなく男性も白髪染めを使用している人はかなり多いようです。そんな白髪染めにも色々なタイプがあります。ヘアカラーにヘアマニュキア、一時染などいくつかのタイ