市販の白髪染めはどうして髪や頭皮が傷むのか

市販の白髪染めを使うと髪や頭皮が傷むことが多いです。

 

市販の白髪染めを使うと、髪や頭皮が傷みやすいのは、酸化染料、アルカリ剤と酸化剤を混ぜて使うからです。

 

1剤と2剤 を混ぜ合わせることで、白髪を染めることができるようになっています。

 

アルカリ剤でキューティクルを開かせ、酸化染料で色を入れることで色を定着させるのが、市販の白髪染めのメカニズムで、アルカリ剤が髪の毛のキューティクルを分解します。

 

キューティクルは、髪の毛の表面を保護する役割があるので、開かせないと、髪の毛にうまく染料が入っていきません。

 

市販の白髪染めは、まずキューティクルを分解して開かせた後、染料を浸透しやすくする工夫がなされています。

 

しかし、1剤に2剤を混ぜ合わせるということは、薬剤としての刺激が強くなります。

 

この刺激こそが、髪や頭皮を傷めてしまう原因になるのです。

 

キューティクルを分解するということ自体、髪や地肌によくありません。

 

開いてしまったキューティクルは、元に戻るまでには時間がかかり、その間、髪の内部の水分が蒸発してしまうことになります。

 

薬剤を使った白髪染めではなく、天然由来の色素を使った白髪染めがおすすめです。

 

ヘアカラーとヘマニキュアの白髪染めの違いについて

白髪染めの方法として一般的なヘアカラーとヘアマニュキアですが、どこに違いがあるのでしょうか。

 

ヘアカラーは髪の毛のメラニン色素を分解して脱色するのと髪の内部に染料が染み込むことによりしっかりと染まる白髪染めの方法となります。

 

一方のヘアマニュキアは髪の内部を染めるのではなくメラニン色素も脱色しないで表面だけをじっくりと染め上げていくタイプの白髪染めということになります。

 

ヘアカラーのほうがしっかり染まるので2か月度ほど持ちます。

 

ヘアマニュキアは2週間程度の色持ちとなります。

 

ただ、ヘアカラーは刺激が強く髪の毛や地肌にはダメージを与えてしまう可能性があります。

 

そうした心配はヘアマニュキアにはありません。

 

髪の毛や地肌への影響を考える必要もないのです。

 

その代り染めるのに時間がかかることが挙げれます。

 

いきなり染まるのではなく徐々に染まっていくというイメージになるのです。

 

しっかりと染め上げたい人にはヘアカラーがオススメですが髪のダメージや地肌へのダメージを気にするのならヘアマニュキアにするべきなのです。

 

自然に知らず知らずのうちに染めたという人にはヘアマニュキアが良いかと思われます。