急に雰囲気を変えたくない人におすすめの白髪染めは?

急に雰囲気を変えたくない人におすすめの白髪染めは、ゆっくりと染まっていくものです。

 

市販の白髪染めは、染料が深く浸透するので色がしっかり定着してよいのですが、一気に染まるので、雰囲気が変わってしまいます。

 

特に染めたての時は、馴染まないので、浮いたような感じになってしまいます。

 

市販の白髪染めを使うと、急に雰囲気が変わることが多いので、おすすめできません。

 

白髪染めを使ったのはいいけど、急に雰囲気が変わると、いかにも白髪を染めましたということになります。

 

これでは、かっこ悪いです。

 

急に雰囲気を変えたくない人におすすめの白髪染めは、ぼかしながら白髪を染められるものです。

 

白髪をぼかして目立たなくする白髪染めがおすすめです。

 

このタイプは、普通の白髪染めと特に変わりはないのですが、染料の入り方が緩やかになっていて、ゆっくり染まっていきます。

 

すぐに色をつけるのではなく、白からグレーへとトーンダウンさせながら染めていくことができます。

 

ナチュラルなので、雰囲気を変えずに染めることができます。

 

徐々に、白髪を目立たせなくできるので、人に気付かれにくいです。

 

使い続けていくと色が少しずつ入っていくので、白髪がゆっくり黒くなっていきます。

 

自分にぴったりの白髪染めの選び方

自分にぴったりの白髪染めの選び方は、思ったような結果を出せるよう、髪質を考慮することです。

 

白髪染めが上手くいかないのは、購入した製品に問題があるのではなく、選び方に問題があることが多いです。

 

髪には硬い、柔らかいなど、髪質が色々あります。

 

髪質によって染まり方は違い、軟毛の人は染まりやすく、硬毛の人は染まりにくいと言う特徴があります。

 

自分にぴったりの白髪染めを選ぶ時は、自分の髪質に合わせて選ぶことが大事です。

 

たとえば、明るめの白髪染めをしたい場合は、軟毛の人については、イメージに合った色をそのまま選ぶとよいです。

 

一方、硬毛の人は、イメージした色より1トーン明るい色を選ぶとうまくいきます。

 

暗めの白髪染めを希望する場合は、軟毛の人は希望色より1トーン明るい色を選び、硬毛の人は、希望通りの色を選ぶとよいです。

 

細くて柔らかい髪質の人は、白髪染めの染料がスムーズに浸透しやすいので、商品見本に近い仕上がりになります。

 

太くて硬い髪質の人は、白髪染めの染料が浸透しにくいので、自分の希望から一段明るめの色を選ぶとよいです。