生え際の白髪を上手く染めるコツはある?

生え際の白髪を上手く染めるコツはあるのでしょうか。

 

白髪染めでもっとも難しいのが、生え際の仕上がりです。

 

自宅で染めて生え際をうまく染められるようになったら、上級者といわれるぐらい、生え際を上手く染めるのは容易ではありません。

 

髪は全体的に綺麗に染まったとしても、生え際がまだらになることが多いです。

 

そうなると見た目があまりよくないので、納得がいきません。

 

人に見られた時に気になってしまいます。

 

生え際の白髪を上手く染めることができないのは、薬液が塗りにくい部分だからです。

 

生え際を上手く染めるには、クシを使うとよいです。

 

また、生え際に特化した部分染め用の白髪染めを使うとキレイに染めることができます。

 

おすすめは、クリームタイプやトリートメントタイプで、クシを使えば、生え際をしっかり染めることができます。

 

部分染め用の白髪染めはおすすめで、細かい作業がしやすくなっています。

 

生え際の白髪を上手く染めるのにぴったりで、使うたびに色がしっかりと定着していきます。

 

外出時や来客時の一時染めとしても有効で、気軽に使用することができます。

 

白髪染めと黒髪用の白髪染めの違いは?

白髪染めと黒髪用の白髪染めの違いは、どこにあるのかというと、簡単に言うと、色の作り方が違います。

 

黒髪用の場合、黒髪を明るく脱色しながら、色味をプラスするように作られているのですが、白髪用の場合、黒髪と白髪がムラなく染まるように作られています。

 

そのため、白髪のある人が黒髪用を使うと、白髪が鮮やかに染まりすぎることになり、結果、白髪をきちんと隠せません。

 

白髪をちゃんと染めたいなら、白髪用を使う必要があります。

 

白髪染めと黒髪用に関しては、用途に合った選び方をしないといけないということです。

 

そうしないと、キレイに染めることはできません。

 

黒髪用は、黒髪が明るくなった髪に適した色作りになっていますが、白髪用は白髪と黒髪の色味を合わせるような色作りがなされています。

 

従って、黒用を白髪に使うとうまく白髪が染まらないことが多いです。

 

また、染まったとしても、不自然な色味になることになります。

 

白髪染めもヘアカラーの一種ではあるのですが、白髪を染めるために作られている白髪染めと黒髪を染めるために作られているものは、別モノであると考える必要があります。

 

白髪を染めたいときは、白髪用の製品を使うようにすることです。