自宅で白髪染めをするメリットとデメリット

白髪染めを美容室でするか自宅でするかを迷ったことはありませんか?自宅で白髪染めをするメリットとデメリットとは何でしょうか。

 

自宅での白髪染めを行う最大のメリットは、何といっても安くすむということです。

 

美容院で白髪染めをすると一万円程度の施術料がかかることが多いですが、自宅でなら白髪染めの購入費だけで済みます。

 

費用が安く済むということは頻繁に白髪染めを行うことができるということでもあり、これも大きなメリットと言えるでしょう。

 

では、デメリットは何かというと、やはり仕上がりの美しさでしょう。

 

自分で行う白髪染めの場合、後頭部や生え際を上手く染められないことがあります。

 

白髪染めが体質に合わずかぶれなどが生じた場合、美容院では返金などの保証を受けることができることも多いですが、自分で染めた場合は保証などがありません。

 

また、自分で思っている髪色や髪質が実際とは違っているということもあるため、購入したものが合わなかったということもありえます。

 

美容室であれば専門的なアドバイスを受けられるためこういった事態は避けることができるので、これも自宅で白髪染めをするデメリットと言えるでしょう。

 

どうして市販の白髪染めはかゆくなるの?

市販の白髪染めで髪を染めた後、頭がかゆくて仕方がないという経験をしたことはありませんか?市販の白髪染めの多くは、染料にジアミン系の化学物質を使用しています。

 

このジアミン系の成分を含んだ白髪染めは価格が安く色落ちしにくいというメリットがありますが、頭皮や髪を痛めやすく、かゆみやフケの原因になりやすいというデメリットがあるのです。

 

市販の白髪染めで起こるかゆみはアレルギー反応によるものですので、一度反応が出てしまうと何度も反応を引き起こしてしまいます。

 

ジアミン系の成分にはパラフェニレンジアミン、フェニレンジアミン、メタフェニレンジアミンなどがありますが、白髪染めの後のかゆみを経験したことがある人は、ジアミン系であれば成分や製品が違っていても再びかゆみを経験する可能性が高く、場合によっては症状が悪化することもあるため注意が必要です。

 

また、アレルギー反応は突然起こるものですので、これまでに白髪染めでかゆくなったことがないという人も決して安心することはできません。

 

ジアミン系の成分を含んだ白髪染めを使い続ける限り、かゆみの問題は紗kwtw通ることができない悩みと言えるでしょう。

関連ページ

頭皮や髪のためにかゆくならない白髪染めを選ぼう
白髪染めを使った後、頭がかゆくなるということがありますが、これは白髪染めに含まれる成分の刺激や薬剤へのアレルギー反応で頭皮がかぶれてしまったためです。頭皮のかぶれはフケや抜け毛の原因になり、髪の健康を
市販の白髪染めでアレルギーになるのはなぜ?
市販の白髪染めでかゆみやかぶれといったアレルギー反応が出るのはジアミン系の成分を含んだ染料を使用しているためですが、いわゆる2剤式の白髪染めはキューティクルを無理やりこじあけて化学染料を浸透させるとい
肌が弱くても使える白髪染め
一般的な白髪染めにはジアミンという化学染料成分が含まれています。この成分は刺激が強く、アレルギー反応やかぶれを引き起こしやすく、肌が弱い人にはおすすめできません。また、ジアミンを含んだ白髪染めは髪のキ
パッチテストは必ずやらないといけないの?
市販の白髪染めのパッケージには、パッチテストを行ってくださいと書かれていますが、実際にパッチテストを行っている人はどのくらいいるのでしょうか。パッチテストなんて必要ない、面倒だからやらないという人もい