パッチテストは必ずやらないといけないの?

市販の白髪染めのパッケージには、パッチテストを行ってくださいと書かれていますが、実際にパッチテストを行っている人はどのくらいいるのでしょうか。

 

パッチテストなんて必要ない、面倒だからやらないという人もいますが、パッチテストは必ずやらなくてはいけないものなのでしょうか。

 

白髪染めにはアレルギー反応を引き起こしやすい化学物質がたくさん含まれています。

 

アレルギーは軽いものなら皮膚がかゆくなる程度で済みますが、ひどくなると顔や首にかぶれが生じたり腫れあり、ときには呼吸困難などの命にかかわる場合もあります。

 

また、アレルギーの恐ろしいところは、これまで何の問題もなかった人が突然発症するというところです。

 

そのため、白髪染めでかゆくなった経験がある人はもちろん、これまでにかゆくなったことがないという人も、白髪染めをする前は必ずパッチテストを行うべきです。

 

手間はかかりますが、皮膚炎や重篤なアレルギーに悩まされるよりはずっとましと言えるでしょう。

 

もし、パッチテストで異常が出た場合、その白髪染めは使用してはいけません。

 

敏感肌でも安心の白髪染め

敏感肌は何らかの理由で肌のバリア機能が低下した状態をいいます。

 

バリア機能が低下した状態の肌は外からの刺激が入りやすく、簡単にかぶれや湿疹を引き起こします。

 

市販の白髪染めは刺激が強く、染料にアレルギーを引き起こしやすい成分を含んでいる物が多いため敏感肌の人には向いていません。

 

しかし、最近は敏感肌の人でも安心して使える白髪染めも売られるようになりました。

 

敏感肌の人でも安心して使える白髪染めとして人気があるのが、ヘアカラートリートメントとヘナです。

 

中でもヘアカラートリートメントは刺激が少なくかぶれにくい上、一般的な白髪染めのように手袋をつける必要がない、さらに髪や地肌に良い成分が含まれているということから非常に人気が高い白髪染めです。

 

ヘナは植物由来の染料で、トリートメント効果が高く人気があります。

 

ただし、ヘナの白髪染めには刺激の強いジアミン系の成分を含んでいるものもあるので注意が必要です。

 

また、体調によってヘナや一緒に含まれているインディゴでかぶれることもあるため注意が必要です。

 

以上のことから、敏感肌の人にはヘアカラートリートメントがオススメと言えます。

関連ページ

頭皮や髪のためにかゆくならない白髪染めを選ぼう
白髪染めを使った後、頭がかゆくなるということがありますが、これは白髪染めに含まれる成分の刺激や薬剤へのアレルギー反応で頭皮がかぶれてしまったためです。頭皮のかぶれはフケや抜け毛の原因になり、髪の健康を
市販の白髪染めでアレルギーになるのはなぜ?
市販の白髪染めでかゆみやかぶれといったアレルギー反応が出るのはジアミン系の成分を含んだ染料を使用しているためですが、いわゆる2剤式の白髪染めはキューティクルを無理やりこじあけて化学染料を浸透させるとい
肌が弱くても使える白髪染め
一般的な白髪染めにはジアミンという化学染料成分が含まれています。この成分は刺激が強く、アレルギー反応やかぶれを引き起こしやすく、肌が弱い人にはおすすめできません。また、ジアミンを含んだ白髪染めは髪のキ
自宅で白髪染めをするメリットとデメリット
白髪染めを美容室でするか自宅でするかを迷ったことはありませんか?自宅で白髪染めをするメリットとデメリットとは何でしょうか。自宅での白髪染めを行う最大のメリットは、何といっても安くすむということです。美