肌が弱くても使える白髪染め

一般的な白髪染めにはジアミンという化学染料成分が含まれています。

 

この成分は刺激が強く、アレルギー反応やかぶれを引き起こしやすく、肌が弱い人にはおすすめできません。

 

また、ジアミンを含んだ白髪染めは髪のキューティクルを強制的に開いて色素を浸透させるという方法で髪を染めるため、地肌にもダメージを与えてしまいます。

 

それでは、肌が弱い人は白髪染めを使うことはできないのでしょうか?たしかに、ジアミンを含んだ白髪染めは刺激が強いため肌が弱い人にはおすすめできません。

 

しかし最近はジアミンを含んでいない、肌が弱い人でも使える白髪染めも販売されています。

 

なかでも、無添加のヘアカラートリートメントは白髪を染めることができるだけでなく、髪のトリートメントも同時に出来るため人気があります。

 

また、ジアミンを含む白髪染めは手袋を着用する必要がありますが、無添加ヘアカラートリートメントには素手で使用できる物もあり、手軽に染めることができます。

 

人気の高まりとともに種類も増え、髪色や髪質に合わせて選ぶことができるのも魅力です。

 

肌や頭皮に優しい白髪染めとは

市販の白髪染めの多くは使用後に頭皮がピリピリしたり、かゆみやかぶれを起こすことがあります。

 

また、頭皮だけでなく首や顔にもかぶれが出ることがあります。

 

これは白髪染めに含まれるジアミンと言う化学染料の刺激によるものであったり、ジアミンに対するアレルギー反応によるものです。

 

ジアミンを含まない白髪染めはこういったかぶれやアレルギー反応を起こしにくく、肌や頭皮へのダメージが少なくて済みます。

 

ジアミンを含まない白髪染めには植物染料であるヘナを使ったものや、無添加のヘアカラートリートメントなどがあります。

 

ヘナは体調や体質によってかぶれることがあります。

 

また、ヘナの白髪染めの中にもジアミンを含んだものもあるため購入の際は注意が必要です。

 

ヘアカラートリートメントはかぶれなどのトラブルはほとんど起こりません。

 

白髪を染めるだけではなく髪のトリートメント効果もあるため、人気が高まっています。

 

髪色や髪質に合わせて選ぶことができるのも大きな魅力です。

 

ヘアカラートリートメントの中には素手で使用できる製品もあり、このことからも肌や頭皮に優しいことがうかがえます。

関連ページ

頭皮や髪のためにかゆくならない白髪染めを選ぼう
白髪染めを使った後、頭がかゆくなるということがありますが、これは白髪染めに含まれる成分の刺激や薬剤へのアレルギー反応で頭皮がかぶれてしまったためです。頭皮のかぶれはフケや抜け毛の原因になり、髪の健康を
市販の白髪染めでアレルギーになるのはなぜ?
市販の白髪染めでかゆみやかぶれといったアレルギー反応が出るのはジアミン系の成分を含んだ染料を使用しているためですが、いわゆる2剤式の白髪染めはキューティクルを無理やりこじあけて化学染料を浸透させるとい
パッチテストは必ずやらないといけないの?
市販の白髪染めのパッケージには、パッチテストを行ってくださいと書かれていますが、実際にパッチテストを行っている人はどのくらいいるのでしょうか。パッチテストなんて必要ない、面倒だからやらないという人もい
自宅で白髪染めをするメリットとデメリット
白髪染めを美容室でするか自宅でするかを迷ったことはありませんか?自宅で白髪染めをするメリットとデメリットとは何でしょうか。自宅での白髪染めを行う最大のメリットは、何といっても安くすむということです。美