市販の白髪染めでアレルギーになるのはなぜ?

市販の白髪染めでかゆみやかぶれといったアレルギー反応が出るのはジアミン系の成分を含んだ染料を使用しているためですが、いわゆる2剤式の白髪染めはキューティクルを無理やりこじあけて化学染料を浸透させるという方法で髪を染めています。

 

これもアレルギーを引き起こす要因の一つです。

 

人間の体には侵入してきた毒物に対抗する物質を作って異物を排除しようとする力が備わっていますが、アレルギーとはこの反応が過剰に出てしまうことでおこります。

 

体が毒素に耐え切れず、拒絶反応を起こした状態がアレルギーだと言えます。

 

キューティクルをこじあける成分は頭皮のバリアも破壊するため、体に有害なジアミン系の成分が多く体に取り込まれることになってしまいます。

 

ジアミン系の成分はそれだけでもアレルギーを引き起こしやすい成分ですので、頭皮のバリアが破壊された状態ではさらにアレルギーを引き起こしやすいと言えます。

 

毒素に対抗する力の強さには個人差があるため、使い続けていてもアレルギーを起こさないという人もいますが、ジアミン系の白髪染めはアレルギーを引き起こすものだと考えていた方が良いでしょう。

 

アレルギーがあっても使える白髪染め

一般的な白髪染めを使った後、頭がかゆくなったりかぶれてしまうことがありますが、それはアレルギー反応かも知れません。

 

ジアミン系の染料は刺激が強く、アレルギー反応を起こしやすい成分です。

 

アレルギー体質の人はもちろん、アレルギー体質でない人でも突然アレルギーを起こす可能性があります。

 

また、アレルギーというものは一度発症すると何度でも反応を起こしますので、ジアミン系成分を含んだ白髪染めでアレルギーを起こした人は、使うたびにアレルギーを起こしてしまいます。

 

アレルギーのある人はジアミン系成分を含む白髪染めを使わないほうがいいでしょう。

 

ジアミン系の成分を含んでいない白髪染めであれば、アレルギーがあっても使用することができます。

 

最近増えてきた無添加のヘアカラートリートメントは化学染料や酸化防止剤などを含んでおらず、低刺激でアレルギーがあっても使える白髪染めです。

 

素手で使用できる製品は後頭部や生え際も染めやすく、初心者にも使いやすいと評判です。

 

また、トリートメント成分も含んでいるため髪にもよく、アレルギーがないという人にもおすすめです。

関連ページ

頭皮や髪のためにかゆくならない白髪染めを選ぼう
白髪染めを使った後、頭がかゆくなるということがありますが、これは白髪染めに含まれる成分の刺激や薬剤へのアレルギー反応で頭皮がかぶれてしまったためです。頭皮のかぶれはフケや抜け毛の原因になり、髪の健康を
肌が弱くても使える白髪染め
一般的な白髪染めにはジアミンという化学染料成分が含まれています。この成分は刺激が強く、アレルギー反応やかぶれを引き起こしやすく、肌が弱い人にはおすすめできません。また、ジアミンを含んだ白髪染めは髪のキ
パッチテストは必ずやらないといけないの?
市販の白髪染めのパッケージには、パッチテストを行ってくださいと書かれていますが、実際にパッチテストを行っている人はどのくらいいるのでしょうか。パッチテストなんて必要ない、面倒だからやらないという人もい
自宅で白髪染めをするメリットとデメリット
白髪染めを美容室でするか自宅でするかを迷ったことはありませんか?自宅で白髪染めをするメリットとデメリットとは何でしょうか。自宅での白髪染めを行う最大のメリットは、何といっても安くすむということです。美