頭皮や髪のためにかゆくならない白髪染めを選ぼう

白髪染めを使った後、頭がかゆくなるということがありますが、これは白髪染めに含まれる成分の刺激や薬剤へのアレルギー反応で頭皮がかぶれてしまったためです。

 

頭皮のかぶれはフケや抜け毛の原因になり、髪の健康を損なってしまいます。

 

そのため、頭皮や髪のためにかゆくならない白髪染めを選ぶことはとても重要なことと言えます。

 

白髪染めでおこるかゆみの原因は薬剤の刺激やアレルギー反応ですので、低刺激で強い薬剤を含んでいない白髪染めを選べばよいということになります。

 

市販の白髪染めはジアミン系の成分が含まれた製品が多いのですが、ジアミンは刺激が強くアレルギー反応を引き起こしやすい成分ですので、頭皮にダメージを与えやすいので避けたほうが良いでしょう。

 

ジアミン系の成分を含んでいないヘアカラートリートメントや、植物染料のヘナを使った白髪染めは頭皮に優しくかゆくなりにくいと言われています。

 

ただし、ヘナを使った白髪染めはジアミンを含んだ製品もあります。

 

また、ヘナは体調によってかぶれることもあるので、購入には注意が必要です。

 

無添加の白髪染めってどんなもの?

無添加と言うと食品やコスメ製品のイメージがありますが、白髪染めにも無添加の白髪染めというものがあります。

 

そもそも無添加とはどういう意味かというと、実ははっきりした定義はありません。

 

特定の成分や化学物質を含んでいないものから、天然素材のみを使用しているものまで、幅広い意味で使われている言葉ですが、共通して言えるのが低刺激であることです。

 

通常の白髪染めの場合、薬剤でキューティクルを強制的に開き、化学染料を浸透させるという手順で髪を染めます。

 

刺激が強く使用後のかゆみやフケ、抜け毛などのトラブルを起こしやすいです。

 

また、キューティクルを破壊するため髪がパサパサになるなどのデメリットもあります。

 

無添加の白髪染めは薬剤や化学染料を含まず、天然素材を使用した低刺激な白髪染めです。

 

頭皮や髪に優しく使用後のかゆみやかぶれといったトラブルが起きにくいと言えます。

 

無添加の白髪染めの多くはヘアカラートリートメントという名前で販売されています。

 

名前の通り、トリートメント効果がある成分を含んだ製品が多く、髪にとって最も優しい白髪染めと言えるでしょう。

関連ページ

市販の白髪染めでアレルギーになるのはなぜ?
市販の白髪染めでかゆみやかぶれといったアレルギー反応が出るのはジアミン系の成分を含んだ染料を使用しているためですが、いわゆる2剤式の白髪染めはキューティクルを無理やりこじあけて化学染料を浸透させるとい
肌が弱くても使える白髪染め
一般的な白髪染めにはジアミンという化学染料成分が含まれています。この成分は刺激が強く、アレルギー反応やかぶれを引き起こしやすく、肌が弱い人にはおすすめできません。また、ジアミンを含んだ白髪染めは髪のキ
パッチテストは必ずやらないといけないの?
市販の白髪染めのパッケージには、パッチテストを行ってくださいと書かれていますが、実際にパッチテストを行っている人はどのくらいいるのでしょうか。パッチテストなんて必要ない、面倒だからやらないという人もい
自宅で白髪染めをするメリットとデメリット
白髪染めを美容室でするか自宅でするかを迷ったことはありませんか?自宅で白髪染めをするメリットとデメリットとは何でしょうか。自宅での白髪染めを行う最大のメリットは、何といっても安くすむということです。美