光で染める白髪染めってどんなもの?

白髪が増えてお悩みの方にとってどうやって白髪を染めるか選択に悩むところです。

 

特殊なヘアケアをしていたり体質が変わらない限り黒い髪は生えません。

 

白髪染めの方法は、毛染め液を買って自宅で染める、美容室で染めるなどありますが、白髪染めをしていく度髪の毛はどんどん傷んでしまいます。

 

しかし、実は注目を浴びている白髪染めがあります。

 

それは、光で染まる白髪染めで、サンカラーマックスやムース銀塩カラー豊染花や速染力などの商品があります。

 

特に人気があるのは、サンカラーマックスの光を使って白髪染めができるものです。

 

使い方は、朝たっぷりと白髪が気になる部分に塗り、1日を過ごしたら光の効果から白髪が黒く染まります。

 

できれば、白髪に直射日光が当たるように1日を過ごすとさらに染色効果が高まります。

 

外に出る機会が少ない方は、蛍光灯などの光でも効果があります。

 

夜お風呂に入っていつものシャンプーと同じように光で染まる白髪染めを洗い流すだけです。

 

光で染まるタイプの白髪染めには、髪の毛を傷める原因になる化学成分が少ないので髪の傷みが気にならずに安心して使用できます。

 

洗い流しが不要の白髪染め

白髪が増えて白髪染めのお世話にいよいよなるとなればどんな種類のものを使用すればよいか悩みます。

 

もし、あなたが美容院へ行く時間や家庭で染める時間がないのなら、ヘアクリームをお勧めします。

 

ヘアクリームは、さっと塗るだけで自然と白髪が目立たなくなり、ヘアクリームに含まれる成分がだんだん黒く変色していく為洗い流しが不要なのです。

 

市販のヘアカラーのように酸性の薬剤は使用してないので髪の毛を傷めることはありませんし、敏感肌やアレルギー体質の方でもご利用いただけます。

 

ただし、手や洋服についた状態で放置しているとその部分が黒くなるので使用上の注意を良く読まれてからお使いください。

 

また、美容室でヘアカラーやヘアマニキュアをしてもらえば仕上がりがきれいで楽です。

 

ヘアカラーは、酸性薬剤を使用して染料を髪の毛の内部まで浸透させるので長持ちしますが髪が傷みます。

 

また、ヘアマニキュアは、髪の毛の表面に染料を付着させるだけのなので髪の毛の痛みは少ないですが、効果はあまり長持ちせず、徐々に元の色へと戻ってきます。

 

しかし、1〜2ヶ月ほどしか持たないので定期的に染めないといけない上、髪を傷めるので結構高くつきます。

関連ページ

白髪染めで髪が緑になる原因とは?
今、光で染める白髪染めはインターネットの通販で白髪に悩む女性の間で爆発的な人気です。朝スタイリング材と同じ感覚で白髪の気になる部分に塗ると太陽光や蛍光灯の光に反応して黒く発色します。そして、夜シャンプ
白髪が光で染まる仕組み
最近では白髪で気になる女性の間で話題になっている白髪染めがあります。それは、光で染める白髪染めでルミナマジックジェルやサンカラーマックスが特に人気です。その白髪が光で染まる仕組みですが、髪の毛が光に当
光で染める白髪染めの安全性について
白髪を染める手段として、ヘアカラー、ヘアマニュキュア、ヘアカラークリームなどがあります。最近では、光で染める白髪染めという商品が販売され、朝白髪が気になる部分に塗り、1日を過ごしたら光の効果から白髪が
時短ができる光で染める白髪染め
今注目を浴びている光で染める白髪染めが多数ありますが、その中でもサンカラーマックスは、発売以来売り上げ160万本を突破する大人気の商品です。その人気の秘密は、いつでも染められる手軽さや髪や頭皮を傷める