光で染める白髪染めの安全性について

白髪を染める手段として、ヘアカラー、ヘアマニュキュア、ヘアカラークリームなどがあります。

 

最近では、光で染める白髪染めという商品が販売され、朝白髪が気になる部分に塗り、1日を過ごしたら光の効果から白髪が黒く染まります。

 

そして、 夜お風呂に入っていつものシャンプーと同じように光で染まる白髪染めを洗い流すだけなのです。

 

しかも、髪の毛を傷める原因になるアルカリ、ジアミン、酸化剤を使用していませんので安心して使用できます。

 

と、宣伝していますが、実は、このカラー剤を使用した後どんな色のカラーをしても緑色に発色する、白ぽくなる等の現象が起こります。

 

それはこのカラー剤に含まれる主成分である硝酸銀が一般カラー剤に多く含まれるアンモニアと反応して雷銀というものになります。

 

この雷銀は非常に敏感な化合物でちょっとした摩擦でも爆発する恐ろしいものです。

 

この現象が髪を緑色に発色することです。

 

個人差はありますが、一般のカラー剤で染め直しやパーマをしなければこのようなトラブルはなく、アレルギーを起こす成分も含まれていないので安全と言えます。

 

アレルギーがあっても光で染める白髪染めは使えるの?

光で染める白髪染めであるサンカラーマックスは、今では発売以来売り上げ160万本を突破する大人気の商品でインターネットでも注目を浴びています。

 

いつでも染められる手軽さや、髪や頭皮を傷めないという安全性があるため、白髪が気になる女性の間では評判になっています。

 

朝白髪が気になる部分に、くしでクリームをサッとつけるだけなのでスタイリング剤と同じ感覚で使えます。

 

サンカラーマックスの仕組みは、光還元反応という特殊な性質を持つ銀イオンにあり、日光や蛍光灯の光を浴びた銀イオンは害のない金属銀微粒子に変化して毛髪表面に付着します。

 

ですから、自然と発色して白髪が目立ちにくくなるのです。

 

気になるアレルギーの症状ですが、アレルギー症状の素になるジアミン系成分・アルカリ・酸化剤は一切使用していないので、今までに白髪染めでかぶれてしまった経験のある人や敏感肌の人でも安心して使うことが出来る髪や頭皮に低刺激な優しい白髪染めです。

 

しかし、体調の悪い時や頭皮に近い部分に湿疹等が出来ていて気になるときは使用を中止する方が無難です。

 

なんでもそうですが、100%ということは言い切れませんし、個人差がありますのでご自身で判断して使用することをお勧めします。

関連ページ

光で染める白髪染めってどんなもの?
白髪が増えてお悩みの方にとってどうやって白髪を染めるか選択に悩むところです。特殊なヘアケアをしていたり体質が変わらない限り黒い髪は生えません。白髪染めの方法は、毛染め液を買って自宅で染める、美容室で染
白髪染めで髪が緑になる原因とは?
今、光で染める白髪染めはインターネットの通販で白髪に悩む女性の間で爆発的な人気です。朝スタイリング材と同じ感覚で白髪の気になる部分に塗ると太陽光や蛍光灯の光に反応して黒く発色します。そして、夜シャンプ
白髪が光で染まる仕組み
最近では白髪で気になる女性の間で話題になっている白髪染めがあります。それは、光で染める白髪染めでルミナマジックジェルやサンカラーマックスが特に人気です。その白髪が光で染まる仕組みですが、髪の毛が光に当
時短ができる光で染める白髪染め
今注目を浴びている光で染める白髪染めが多数ありますが、その中でもサンカラーマックスは、発売以来売り上げ160万本を突破する大人気の商品です。その人気の秘密は、いつでも染められる手軽さや髪や頭皮を傷める