白髪が光で染まる仕組み

最近では白髪で気になる女性の間で話題になっている白髪染めがあります。

 

それは、光で染める白髪染めでルミナマジックジェルやサンカラーマックスが特に人気です。

 

その白髪が光で染まる仕組みですが、髪の毛が光に当たることで黒色に発色します。

 

そのカラー剤の主成分である銀イオンが光に当たる事によって、銀の元素となり髪の毛に吸着します。

 

その銀の元素が光を吸収することで発色して髪の毛に吸収し約1ヶ月間色を保ち続けます。

 

アレルギーの原因となる酸化剤などの化学成分が一切含まれていない上、髪の毛に優しい成分が入っているので痛みも少なく使用して残った分は保存できるので経済的です。

 

お好みの色になるまで毎日染めていくとだんだん色が濃くなります。

 

太陽光だけでなく効果は薄いですが、出かける機会の少ない方でも蛍光灯の光で発色するので使用者を限定しません。

 

また、汗をかいてもシャンプーでも色落ちはありません。

 

ただし、一般のカラー剤で染め直しをすると化学反応を起こして髪が緑色になりますので、髪の成長を待って光で染まる白髪染めが完全に除去されてから染め直してください。

 

光で染まる白髪染めを使う上での注意点

今、髪が痛まずに簡単に白髪染めができると評判になっているのが光で染まる白髪染めです。

 

朝、髪に塗って太陽の光を日中浴びると夕方には髪が黒くなるという仕組みになっているものです。

 

とても便利ですが注意点があります。

 

それは染め直しをしないことです。

 

光で染まる白髪染めには、金属銀微粒子が入っておりそれが光と反応して発色するために白髪が染まります。

 

しかし、その後にヘアカラーすると緑色になります。

 

これは銀成分や鉄成分が光で染まるタイプのものには入っているからで、それが染髪剤のアルカリ性と反応して緑色に染まるのです。

 

色持ちはシャンプー系やトリートメント系に比べるといいですが、肌があまり強くない人や金属アレルギーの人は控えた方がいいです。

 

また、日に当たるとクリームに含まれている硝酸銀という成分が酸化して色が出る製ので髪の毛に硝酸銀が付着します。

 

ですから、こだわりがないようならあえて使う必要はないかと思います。

 

光で染まる白髪染めで緑色になってしまった時は、うがい薬やブリーチで戻る可能性がありますがまれですし、髪が今以上に痛みますので生え変わるのを待つのが一番だと言えます。

関連ページ

光で染める白髪染めってどんなもの?
白髪が増えてお悩みの方にとってどうやって白髪を染めるか選択に悩むところです。特殊なヘアケアをしていたり体質が変わらない限り黒い髪は生えません。白髪染めの方法は、毛染め液を買って自宅で染める、美容室で染
白髪染めで髪が緑になる原因とは?
今、光で染める白髪染めはインターネットの通販で白髪に悩む女性の間で爆発的な人気です。朝スタイリング材と同じ感覚で白髪の気になる部分に塗ると太陽光や蛍光灯の光に反応して黒く発色します。そして、夜シャンプ
光で染める白髪染めの安全性について
白髪を染める手段として、ヘアカラー、ヘアマニュキュア、ヘアカラークリームなどがあります。最近では、光で染める白髪染めという商品が販売され、朝白髪が気になる部分に塗り、1日を過ごしたら光の効果から白髪が
時短ができる光で染める白髪染め
今注目を浴びている光で染める白髪染めが多数ありますが、その中でもサンカラーマックスは、発売以来売り上げ160万本を突破する大人気の商品です。その人気の秘密は、いつでも染められる手軽さや髪や頭皮を傷める