白髪染めで髪が緑になる原因とは?

今、光で染める白髪染めはインターネットの通販で白髪に悩む女性の間で爆発的な人気です。

 

朝スタイリング材と同じ感覚で白髪の気になる部分に塗ると太陽光や蛍光灯の光に反応して黒く発色します。

 

そして、夜シャンプーと一緒に洗い流すだけなので天気がよく太陽が照り付けている時に気軽にできる点が人気の秘密です。

 

しかし、このカラー剤の使用後に一般のカラー剤を使用すると髪が緑色になる異変が起こります。

 

その原因は、この光で染める白髪染めの主成分である硫酸銀AgNO3は、銀を硝酸で溶かすと得られ水に溶けやすい性質があり、毒性が強く頭皮に直接付着したリ手についたらすぐに洗い流す必要があります。

 

その硫酸銀はヘアカラーやヘアマニュキュアに含まれている液体アンモニアと反応して雷銀と言う化合物になります。

 

これが髪の毛が緑色になることです。

 

そのため、染め直しをする場合やパーマは髪が十分伸びて硝酸銀が完全に除去されるまで時間を置く必要があります。

 

もちろん、光で染める白髪染めを使い続けるなら問題はありませんのでできるだけカラー剤は変えない方がいいと思います。

 

白髪を染める成分の硫酸銀とはどんなもの?

今、白髪に悩む女性の間で爆発的な人気で注目を集めている新しい白髪染めがあります。

 

それは、光で染める白髪染めです。

 

朝白髪の気になる部分に塗って一日過ごすと白髪が目立たなくなります。

 

そして、夜シャンプーで洗い流せば完了なのでとても手軽で頭皮や髪も痛めません。

 

しかし、白髪を染める主成分である硫酸銀AgNO3は、銀を硝酸で溶かすと得られ水に溶けやすい性質があり、毒性が強く頭皮に直接付着したリ手についたらすぐに洗い流す必要があります。

 

また、日光や蛍光灯の光で有機物に触れると還元されて黒色になります。

 

この現象が光で染める白髪染めの目的なのですが、硝酸銀は液体アンモニアと反応して雷銀と呼ばれるものになり、それは非常に敏感な化合物なのでちょっとした摩擦でも爆発する恐ろしいものです。

 

ですから、その硝酸銀が髪の毛に残っている状態でヘアカラーやヘアマニュキュアをすると化学反応で緑色に変色します。

 

ですから、光で染める白髪染めで納得のいく仕上がりでなかったために染め直しをする場合は髪が十分伸びて硝酸銀が完全に除去されるまで時間を置く必要がありますのでご注意ください。

関連ページ

光で染める白髪染めってどんなもの?
白髪が増えてお悩みの方にとってどうやって白髪を染めるか選択に悩むところです。特殊なヘアケアをしていたり体質が変わらない限り黒い髪は生えません。白髪染めの方法は、毛染め液を買って自宅で染める、美容室で染
白髪が光で染まる仕組み
最近では白髪で気になる女性の間で話題になっている白髪染めがあります。それは、光で染める白髪染めでルミナマジックジェルやサンカラーマックスが特に人気です。その白髪が光で染まる仕組みですが、髪の毛が光に当
光で染める白髪染めの安全性について
白髪を染める手段として、ヘアカラー、ヘアマニュキュア、ヘアカラークリームなどがあります。最近では、光で染める白髪染めという商品が販売され、朝白髪が気になる部分に塗り、1日を過ごしたら光の効果から白髪が
時短ができる光で染める白髪染め
今注目を浴びている光で染める白髪染めが多数ありますが、その中でもサンカラーマックスは、発売以来売り上げ160万本を突破する大人気の商品です。その人気の秘密は、いつでも染められる手軽さや髪や頭皮を傷める