ホント?白髪があると実年齢より老けて見えるという事実

白髪があると実年齢より老けて見えるという事実があり、これは実際、ホントのことです。

 

そもそも白髪というのは、年寄りと言うイメージがあります。

 

おじいちゃん、おばあちゃんというと、白髪のイメージが強いので、どうしても白髪の人は、見た目のダメージが大きいです。

 

年齢より上に見られている人の多くは、肌年齢よりも、白髪があることの方が多いのです。

 

どんなにしみやたるみをケアしても、まばらに白髪が生えていると、5〜10歳くらいは老けて見えるので注意しないといけません。

 

白髪があると実年齢より老けて見えるというのは確かな事実であり、これは見た目の印象で避けようがありません。

 

こうした事実があるので、スキンケアだけでなく、頭のケアもしっかりするようにしないといけません。

 

白髪染めで染めるのはもちろん、髪によい栄養をしっかり摂るように努めることです。

 

白髪予防のためには、サプリメントなどもおすすめで、栄養をしっかり摂って、根本的な原因から解決していく必要があります。

 

毎日のシャンプーに、白髪染めシャンプーを使うのもおすすめです。


男性用と女性用の白髪染めの違いとは

男性用と女性用の白髪染めの違いは、どこにあるのでしょう。

 

男性用と女性用の白髪染めの違いは、髪質に関係しています。

 

髪質は、男性が固く、女性は柔らかい傾向にあります。

 

そうなると、白髪染めに使う成分が関係してきます。

 

また、染める色に関しても、女性用の白髪染めは、カラーバリエーションが多くなっています。

 

髪が長い女性は、髪全体を染めるのが大変なので、シャンプー後に手軽に使えるトリートメントタイプの白髪染めが多いという特徴があります。

 

このタイプは、洗髪をする感覚で染められるようになっていて、白髪染めには、髪にいい成分がたくさん配合されています。

 

男性用の白髪染めは、簡単で面倒が少ないタイプが多くなっています。

 

男性用と女性用の白髪染めの根本的な違いは、髪の長さが違うので、使用する染料の量が異なります。

 

白髪染めの成分が違うと、染まりやすさが気になりますが、同じメーカーのものであれば男性用、女性用共に差はありません。

 

そのため、男性が女性用を使っても、女性が男性用を使っても特に問題はないとされています。

 

男性用と女性用で、白髪染めの成分が違うということはないのです。


男性に使いやすい白髪染め

ヘアカラートリートメント

染まり具合

髪補修効果

コスパ

総合評価

利尻ヘアカラー
染まり具合もコスパも最高!迷ったら選びたいヘアマニキュア

POLAグローイングショット
髪のダメージ補修力に優れるヘアマニキュア

ルプルプヘアカラー
タカラバイオ社と共同開発Wフコイダン配合のヘアマニキュア

 

光で染まる白髪染め

染まり具合

髪補修効果

コスパ

総合評価

グローリン・サンクロス
白髪部分に塗って光に当てるだけで染る新感覚白髪染め

サンカラーマックス
洗い流し不要、光で自然な色合いに染まる白髪染め